07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2007.12/29(Sat)

YOUちゃんコンサート②(ブラックレンジャー編) 

とりあえず気になってた切り取ってしまった(笑)ヨコちょのソロコンレポの
ブラックレンジャー部分だけ仕上げました。
それからの続きは年内には仕上げたい・・・(と、自分に言い聞かせる)
そうそう、Webに私が観に行った回のレポがあった・・・。
本当に仕上げる意味があったのかは内緒というコトで。

今日29日で仕事納め。
半ドンだから夜更かししちゃいます
エイトのみんなは結局、カウコンまで頑張るんだろうな。
亮ちゃんはNEWSコン@北海道だしね。(福井・名古屋公演お疲れさまでした!)
カレンダー撮影もあるし・・・ホントに忙しい1年だったなぁ。

今日はいよいよ代打屋ですね。
私の住む地域は来月放送なのでもうしばらく我慢だけど
エイトが頑張ってる姿を楽しみにしときます

さ、今日は仕事終わったら景気よく(?)BiDaNとオリスタ買いに走りまーす!!!
HDDの中にはまだ見れてない歌姫最終回・むちゃ・ジャニ勉・はぐれ・・・といっぱい。
大掃除、今年は断念しようかな・・・爆

※コメレス、もうしばらくお待ち下さい。いつもすみません・・・

【More・・・】

「1人でもエイトシティ守っていかんとな」と意気揚々と

■Let's Fight

を歌おうとしたら、さっさとB.A.D団がはけてしまいます。
「何!?この吉本みたいな扱い・・・」と嘆くブラック(笑)

その時、花道のせり上がり部分で大勢の子にいじめられている子(藤原丈一郎くん)を発見。
「アホアホアホ」と蹴ったりしているので、注意したらブラックが取り囲まれて「アホアホアホ」攻撃(笑)
で、(ココ記憶が曖昧です。多分ブラックが何か言って)「アホアホアホ」と言いながら花道通ってはけます。
ブ「何でいじめられてたん?」
丈「ボクがブラックレンジャーに憧れてるって言ったら・・・」
ブ「え、絶対イエローとかグリーンとかの方がカッコイイやん。」
(↑だいたいのニュアンスで読んで下さい。爆)
ブ「そう言うとかな。ブラックレンジャーのどこに憧れてるん?」
丈「顔!!!」
ブ「そんなに即答せんでも」

いつから川原で話してるのか(笑)石を投げる音・チャポン(だったかな?)という効果音を
自分の動きに合わせて効果音をつけさせようとするヨコ(笑)
またその動きがヨコらしくてすっごく可愛い。
で、しまいには缶を蹴るような効果音。
しかし、その効果音で濱ちゃん・文ちゃん・マーシーが被害を被ってしまい、
「何で俺らが悪さしてるって分かったんや~!?」なんて言いながら(笑)
舞台に痛がりながら出てきてまたはけていきます。

そんなのを見た丈が「やっぱりブラックすごいなー」
「勘違いも甚だしいで」そう言いつつも誉められて恥ずかしそうなブラック。

そんな中、B.A.D団がまたやってきます。
B「お前1人やったら楽勝で勝てるわ」
ブ「何~!?」
そう言ったものの、丈に後ろ向かせ、
ブ「あの少年はすごく自分に憧れてる。正直言って1人で勝てる自身は全くない。
けど、どうしても勝って強い所を見せてあげたい。お金やったら払いますやん。
ほら、パイレーツ◎※□%?を抜いたんやって。」←完全にブラックじゃなく、横山裕になってます。笑
「パレーツ(噛)カイビアン(再び噛)抜いたって本番15分前にテイチクさん来て喜んでた」
「俺がこうやったら倒れてやられたフリしてほしいねん。」
そう言ってB.A.D団と無事交渉成立(笑)←B.A.D団、いい仕事してくれました(笑)

そして、後ろ向いたままの丈一郎のところに行き、
「何やかんや言うても世の中『金』やで。いや、そんなコト言うたらアカン。『愛』や。困ったら
いつでも飛んできて助けたるからな」
そう言い残してその場を去るブラック。


その後、さっきの石についての復讐に丈一郎が濱ちゃん・文ちゃん・マーシーにやられて連れて行かれます。
丈「絶対ブラックレンジャーが助けてくれるんや!」
その様子を見てテンパるブラック。『めっちゃアイツら強そうや・・・あいつに頼もう!』

そう言って呼んだのが【菊正宗清四郎】
スクリーンには今までの有閑の名場面とOPの紹介シーンが流れます。
かなりの大歓声。私ももれなく大興奮!
あっという間にやっつける清四郎。
感想する丈。「お兄ちゃんとブラックレンジャーはどっちが強い!?」
清四郎「(こういった場合は)ブラックと答えるのがいい選択でしょうね。ブラックレンジャーかな」
丈一郎「じゃあ、魅録とお兄ちゃんやったらどっち?」
清四郎「私です」←即答(笑)
丈一郎「やっぱりお兄ちゃんやったらこう言うんやろ?不可能を・・・」

この辺の記憶は自信ナシです、すみません。

【不可能を可能にするのが有閑倶楽部】という決めゼリフを言う下りになって
カッコよく清四郎が
清四郎「不可能を可能にするのが」
そう言った後、清四郎の背後に照明が当たり・・・

バスケットボールを持ってにこやかに笑う学ラン姿の濱ちゃん(笑)←バスケットボール倶楽部と。

気を取り直して再び、
清四郎「不可能を可能にするのが」
またもや背後に照明が当たり・・・今度は

気恥ずかしそうに立ってる学ラン姿の文ちゃんが(笑)

清四郎「え、あなたは何部・・・?」
文「帰宅っす・・・」
清四郎「そんなに帰宅部でキャアキャア言われた人は全世界であなたが初めてですよ」

清四郎「このままではいけませんね。みんなで言いましょうか・・・『不可能を可能にするのが』」
客席【有閑倶楽部~!!!】
満足げな表情ではけていく清四郎。

またもやそんな様子を見ていたブラック。
2階席バルコニーにブラックの半身だけが(笑)心の声として登場。
ブ「あれはちょっと真面目すぎたな・・・。こうなったらアイツしかおらんな」

で、登場したのが拝啓の時夫!!!
時夫「うっす!自分めっちゃ髪伸びたっす!チビっこが考えすぎだから行って来いって言われたんすけど
俺、分かんないっす。俺、鍋磨かないとまたお兄ちゃんに怒られるっす」

そんな時、B.A.D団登場。
しかも【BOMB】と書かれた爆弾を持って登場。
B.A.D「これ何て書いてるか分かるか??」
時夫、全く読めない様子でキョトーン(笑)
B.A.D団、少々コケ気味で呆れながら
「爆弾や、爆弾!!」

その時、ブラックの声で。
「うわ、爆弾やって?めっちゃデカイやん。エイトシティだけじゃなく、地球までなくなってまう!
どーしたらええんやろ??」
時夫『(携帯を取り出して)あ、もしもし?』
B.A.D『着信音なんかーい!!』
またもブラックの声。
「どうしよ、アイツら怒らせてもーた・・・マジで爆発させたらどーしよ??」
時夫『(携帯の画面を見ながら)でへへ』
B.A.D『今度はメールかーい!!』
【チャンチャン♪】というオチの効果音と共にみんな揃って両手広げてポーズ(笑)

とうとう怒ってしまったB.A.D団。
「スイッチ押したら10秒で爆発や」
そう言ってスイッチを入れてしまった。
【10-、9--、】そうカウントダウンしながらスクリーンには
関ジュくん達の面白表情が流れます←文一さん、最高です☆
すごい爆発音かと思いや、なんとも微妙な音(笑)
なんと、ブラックのゲップ音です!!
爆弾を飲み込んだために出たゲップ。
ブ「こうなったらほんぽん・・・(本邦と言いたかった。笑)噛んでへんわ!
本邦初公開!!!ブラックレンジャー分身の術!」
そう叫ぶと分身ブラックが捕らわれてた丈一郎を助ける。
「何、このスベった感じ・・・絶対盛り上がると思ったのにな」そう言いながらも
「1人やけど・・・エイトフラーッシュー!」
そう叫ぶとチビっこレンジャーが方々から登場。
お約束の100円見っけ☆のセリフも登場。

丈「やっぱりブラックレンジャーは強いな!」
ブ「当たり前やん、困った時はいつでも助けたるからな。だからお前も強くなるんやぞ。
あ、そうこうしてるうちに雪降ってきたやん。よし、みんなで歌おう☆」

■10年後の今日の日も

に続く・・・
スポンサーサイト
【編集】 |  02:04 |  コンレポ・感想  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。